開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ピーエスシー提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/06/03

技術文書

ホワイトペーパー
Windows7の早期導入で実現する今夏の節電対策
Windows 7導入を検討する企業が増えている。その理由は大きく4つ。1つめはメインサポートが終了するということ。2つめはセキュリティリスクの増大。古いOSを使い続けているということがリスクにつながっている。3つめが対応ソフトの販売終了。ソフトウェアパッケージベンダーも徐々にWindows 7へと主戦場を移しつつある。そして最後の4つめが電力消費コストと運用コストの問題だ。この夏、大規模な計画停電を避けるために、政府は契約電力が500kw以上の大口需要家に対して、最大使用電力を25%程度カットするよう要求し、各企業は早急な節電対策の実施を迫られている。本資料ではWindows 7への移行によってどのぐらい節電効果があるのか数字で示すとともにその導入事例を紹介する。
ページ数:28ページ

<目次(抜粋)>
●Windows 7を推薦する理由
●Windows 7で実現する節電対策
●PSCのWindows 7導入実績
●OSの入れ替えに関する課題
●PCライフサイクルマネジメントとは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!