開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ノックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/09/30

技術文書

ホワイトペーパー
メール誤送信に対策は必要か?2つの対策方法とシステム管理法
より早く情報をやり取りできるメールは業務に不可欠なツールとなっている。一方で、情報漏えいのリスクも拡大しており、個人情報漏えいによる想定損害賠償総額は3,890億円にのぼる。さまざまな対策方法があるが、ユーザー各人のセキュリティ意識に委ねていては、今やこうしたリスクを回避することは困難な状況にある。本資料では、こうした課題にどのようにシステム的に管理が行えるのかを紹介する。
ページ数:15ページ

<目次(抜粋)>
●メールの誤送信に対策は必要か?
●電子メールというツール
●情報漏えいによるリスク
●どのような対策があるのか
●Proofpointの提案する誤送信対策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!