開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

トーテックアメニティ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/07/30

技術文書

ホワイトペーパー
【事例:JAあいち中央 電算センター】情報漏えい対策の秘訣は「目に見える形」での管理
故意・過失にかかわらず、個人情報や機密情報が流出すると、取引先や社会からの信用は大きく失墜してしまう。さらに事後の対策を誤れば、企業存続の危機に陥る可能性も否定できない。組合員数約4万人、役職員数1000人を超えるJAあいち中央では、常に情報漏えいのリスクについて危機感を感じていた。本資料では、同社がネットワークフォレンジック製品を導入した際の決め手や、情報漏えい対策で考えておくべきポイントについて紹介する。
ページ数:2ページ

<概要>
導入企業:JAあいち中央 電算センター
導入の背景
導入の決め手
今、ネットワークフォレンジック製品に求められていること
ネットワークフォレンジック「NetRAPTOR(ネットラプター)」とは
「NetRAPTOR」が実現する3つの導入効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!