開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社FFRI提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/10/04

セミナー資料

ホワイトペーパー
標的型攻撃の行方、取り巻く現状と今後必要となる対策技術
標的型攻撃が行われる土壌には、「必然性」と「実現性」の2つの視点で見ていく必要がある。「必然性」の視点で見えることは、企業のIT基盤が整備され、価値ある情報資産が確立されているということ。一方の「実現性」の視点で見えることは、脆弱性攻撃が容易・かつ可能で、対象に密接した情報が入手できるということが挙げられる。本資料では、こうした標的型攻撃や各種の最新動向を紹介するとともに、対応策について解説している。
ページ数:31ページ
<目次(抜粋)>

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!