開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SAS Institute Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/12/11

技術文書

ホワイトペーパー
顧客データの統合と見える化による収益、顧客維持率、顧客満足度の向上
「複数ソースを集約して整合性が確保された情報源(Single Source of Truth)を確立すること」──マスターデータ管理プロジェクトのゴールの1つとして挙げられるが、達成の前には、データ構造やセマンティックスの不整合といった技術的な困難が立ちはだかる。本資料では、それら困難を乗り越えて、さらには収益や顧客維持率、顧客満足度の向上といったその先にある真のゴールにたどり着くための手順を示す。
ページ数:20ページ

<主な内容>
●ビジネスドライバー:収益、顧客維持率、顧客満足度
●「統一したデータソース」が、連携型のデータ調整か?
●ビジネスの成功基準が連携型のデータ調整を推進
●連携型のデータ調整を目的とした情報に対する要件の収集
●まとめ:顧客の統合ビューは手段であって、目的ではない

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!