開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ベリサイン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/12/13

技術文書

ホワイトペーパー
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信とは?
HTTPSから始まるURLはSSLによる暗号通信状態を表している。この暗号化はいったいどのような仕組みになっているのだろうか?
<主な内容>
SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している技術だ。ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスには必ずと言って良いほど採用されている。施錠された錠前アイコンとHTTPSで始まるURLの表示によってSSL暗号化されていることを確認できるが、通信データがどのような仕組みや工程を経て暗号化されるのか、ということまではなかなか知られていない。プライバシーや企業の重要な情報を暗号保護して安全性を高めながら、サイトのパフォーマンス向上を考えるのであれば、SSLの特性である鍵交換の仕組み「SSLネゴシエーション」を理解しておくことは非常に役立つだろう。本ホワイトペーパーでは、はじめにSSLの概要と利用によるメリットを挙げた後で、通信を確立するための鍵交換の工程「ネゴシエーション(ハンドシェイクと呼ばれることもある)」について解説している。

●SSLの概要
●ネゴシエーションのしくみ

ページ数:9ページ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!