開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ベリサイン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/12/13

技術文書

ホワイトペーパー
知らないと大きな差が出る!共有SSLと独自ドメイン名SSLの正しい使い分け方
SSL暗号の利用にはドメイン名を共有する「共有SSL」と「独自ドメイン名+SSL」の二種類あることを知っているだろうか?それぞれの利点と注意点を把握して適切に使い分けることが必要だ。
<主な内容>
アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。しかし、ネットショッピングのように金銭の授受を伴うサービスで共有SSLを活用するには、サービスの運営元を確認し難いことやCookieの扱いなど、セキュリティ面での不安要素がある。さらに長期的に運用する企業や製品・サービスのウェブサイトを構築するには、初めから独自のドメイン名を取得し運用を始めた方が、サービスの提供と費用対効果の面から有効な選択であると言える。このホワイトペーパーでは、共有SSLと独自ドメイン名利用時の差違を挙げながら、企業や製品・サービスの独自ドメイン名を取得しWebサイトを運営することのメリットについて紹介する。

●第1章 共有SSL と独自ドメイン名上のSSL
●第2章 大きな差を生む、独自ドメイン名のSSL
●第3章 さいごに・理想の組み合わせは?

ページ数:9ページ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!