開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/10/23

導入事例

ホワイトペーパー
BlackBerryの日本撤退、その時川崎汽船が選んだモバイル活用法とは?
世界有数の海運会社として、コンテナ船や重量物船などを運航するほか、エネルギー資源開発やターミナル事業、物流事業も行う川崎汽船。これまで同社では営業職と管理職を中心に、約400台のBlackBerryを配布してメールや電話として活用してきた。しかし2014年、BlackBerryの日本からの撤退が決まったことから、その後継としてスマートフォンを導入するプロジェクトをスタートさせる。自由度の高い使い方と強固なセキュリティーを両立させるために、川崎汽船はどのような選択をしたのだろうか。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●BlackBerryの日本撤退で後継スマートフォン導入へ
●ポイントは「ユーザーが今までと同様に自然に使える」
●BYODを見据えた仕組みを作る必要性

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!