開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レッドハット株式会社 / F5ネットワークス合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/01/04

セミナー資料

ホワイトペーパー
本番稼動後の修正コストは設計時の30倍に?ソフトウェア開発手順をどう見直すべきか
プラットフォームとサービスの増加、IoTデバイスの普及によって、ソフトウェアの数は爆発的に増え続けている。こうした時代においては、企業内にセキュリティの文化を形成し、ソフトウェアを安全に開発する手法を確立することがよりいっそう重要だ。本資料では、セキュアなソフトウェア開発ライフサイクルの考え方と実践を進める方法を解説する。
ページ数:33ページ
内容(一部抜粋)
●2020年までにIoTデバイスは約250億個に増加
●Software Security Assurance (SSA)とは
●Software Security Assurance導入効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!