開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ファイア・アイ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/12/18

技術文書

ホワイトペーパー
被害を公表する組織が増えている理由とは? 進化する攻撃ライフサイクル
ファイア・アイでインシデント・レスポンスを担当するコンサルティング部門である「マンディアント」の調査によると、高度なサイバー攻撃は発見されるまで平均205日も要している。驚くことに、そのうちの69%は、侵害の事実に外部組織から指摘されるまで気づかないことも判明している。本資料では、攻撃者の動機や手口の変化を最前線で把握してきたマンディアントが、数百件におよぶ過去のインシデント・レスポンスの事例で培った経験と実績をもとに、最新の攻撃手法を解き明かす。
ページ数:28ページ
内容(一部抜粋)
●被害を公表する組織が増加している理由
●侵入口として狙われるアプリケーションの仮想化サーバ
●新たなツールや手口、手順の登場
●VPNの乗っ取り
●マルウェアの隠ぺいと偽装
●入手が容易になったパスワード

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!