開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ファイア・アイ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/12/18

技術文書

ホワイトペーパー
あなたの組織が「セキュリティ侵害を受けていない」と100%断言できますか?
サイバー攻撃対策においてまず取り組むべきことは、社内や組織が「侵害されていない」こと、あるいは過去に侵害された形跡がないことを確認することだ。Compromise Assessment(侵害診断、略称:CA)は、ネットワークに標的型攻撃の有無やアクティビティの有無を診断する唯一無二なサービス。年間数百ものインシデント・レスポンスの経験を有するマンディアントが、実績をもとに蓄積した豊富なインテリジェンス(脅威情報)から作られる独自の侵害指標(IOC)に基づいて、マルウェアにとどまらず攻撃者の侵害の痕跡、異常通信の有無を調査する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●標的型攻撃の調査に特化
●攻撃活動の証拠
●事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!