開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ファイア・アイ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/12/18

技術文書

ホワイトペーパー
高度なサイバー攻撃に特化した運用・監視サービス「FireEye as a Service」:マルウェアを「狩る」
ネットワークに導入される多層防御におけるセキュリティ対策のコストは、膨大な額に上っている。しかし、明確な目的の下に、特定の標的を狙って攻撃を仕掛ける昨今の攻撃者は次から次へと手口を変化させており、セキュリティ調査の専門知識や攻撃者についてのインテリジェンス、フォレンジック技術を持たない組織ではとても太刀打ちできないのが実情だ。こうした課題に応え、24時間356日の監視による膨大なアラートから本当の脅威を検出し、マルウェアを「狩り」、事前予防的に標的型攻撃対策を実施するのが「FireEye as a Service」だ。
ページ数:13ページ
内容(一部抜粋)
●FireEye as a Serviceが選ばれる理由 なぜ今なのか
●必要性のチェックに役立つ6つの質問
●既存のセキュリティ・インフラストラクチャと併用され、それを強化する

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!