開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/09/06

セミナー資料

ホワイトペーパー
ITシステム保守の「次の一手」を考える
多くの企業においてITの役割は重要な転換期を迎えており、事業に貢献する「攻めのIT」重視へとシフトしている。このような状況の中で、さまざまなITシステムの一元的な保守の実現と効率化・簡素化はIT部門が直面する課題だ。一方、事業成長を継続するため、万一の場合に備えてシステムの可用性と信頼性を一層高めるための保守サービスの強化も重要だ。2016年3月に開催したセミナー『IBM テクニカル・サポート・サービスNext Action for 2016』では、「ITシステム保守の次の一手を考える」をテーマに、お客様の利用例を交えながらさまざまな角度から検証した。
ページ数:2ページ
<概要>
  1. オープニング
  2. 海外におけるテクニカル・サポートの動向
  3. 今日直面しているシステム運用の代表的な課題
  4. IBM テクニカル・サポート・サービス
  5. IBM が選ばれる理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!