開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社大塚商会、アドビシステムズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/03/15

製品資料

ホワイトペーパー
クラウドストレージとDRMを組み合わせて柔軟なデータ共有と機密情報の保護を両立させる
ビジネスシーンでPDFファイルをはじめとする大容量データをやりとりする際には、情報漏えい対策は必須である。しかし、こうしたデータを送る際にフリーのファイル共有サービスが使われていたり、渡したデータがどのように扱われているかわからなかったりといった課題を抱える企業は多い。本資料では、オンラインストレージサービスの「たよれーる どこでもキャビネット」、ライツマネジメント(DRM/IRM)と呼ばれるデータ保護の仕組みをクラウドで利用できるサービス「たよれーる PDFセキュリティサービス」を紹介。機密情報をファイル管理の仕組みで守る方法を解説する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●ファイル共有、機密情報管理のよくある困りごと
●ライツマネジメントを活用した機密情報の動的な保護を

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!