開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レノボ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/03/09

技術文書

ホワイトペーパー
【調査レポート】ハイパーコンバージドは3年間のIT投資をどれだけ削減できるのか
ビジネスやテクノロジーの専門家コミュニティであるWikibonの調査によると、継続的なITオペレーションの管理作業にIT部門が投じている額は、世界全体で3,000億ドル(31兆5,000億円)以上に及ぶ。こうした管理は非定型な作業で、アプリケーションが価値を生み出すまでの時間(価値実現時間)の短縮やITコスト削減にほとんど寄与していないばかりか、IT部門の生産性を阻害する要因にもなっている。しかし、コンバージドアプリケーションアプライアンスを導入することで、コンポーネント数の抑制、コストの削減、価値実現時間の短縮を大きく促進できる可能性がある。本資料では、(1)VMware Virtual SAN(VSAN)を基盤とするサーバーSANを利用した場合、(2)Lenovo/Nutanix のコンバージドインフラを導入し、仮想化レイヤーにVMware を利用した場合、(3)Lenovo/Nutanix のコンバージドインフラを導入し、仮想化レイヤーにNutanix Acropolis Hypervisor を利用した場合の3つの手法で、3年間にかかるアプリケーション移行にかかる総コストなどを比較したケーススタディを紹介する。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●コンバージドシステムの価値についての事前考察
●ケーススタディ分析のエグゼクティブサマリー
●ケーススタディ分析で割り出したコストと価値実現時間
●ケーススタディの投資対効果分析

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!