開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/04/05

技術文書

ホワイトペーパー
データ流通量が9倍に!5つの目的に合わせたストレージの選び方
サービス業、情報通信業、運輸業、不動産業、金融・保険業、商業、電気・ガス・水道業、建設業、製造業におけるデータ流通量が、9年間で9.3倍に増加した。中でも電子メール、顧客データ、経理データ、業務日誌データ、POSデータは約4倍、Eコマースの販売データは7倍、センサーデータや動画・視聴ログなどは10倍以上に伸びている。しかし、これだけ増加したデータ管理に対応したストレージを企業は選定できているだろうか。中小企業や各部門がストレージを選ぶ目的を5つに分類し、目的に合わせて「優先すべきストレージ機能」を解説する。
ページ数:9ページ
内容(一部抜粋)
●データの種類別増加推移グラフ
●主要3種のストレージを解説
●目的別優先すべきストレージ機能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!