開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社NTTデータイントラマート提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/04/05

技術文書

ホワイトペーパー
HadoopとIoTで「製造トレーサビリティ分析基盤」を構築するには
近年の製造業では、大規模なリコール発生と市場からの厳しい視線に伴い、リコール対応の改善が必須となり、各生産拠点の製造実績等からトレーサビリティを迅速かつ正確に行える仕組みを構築することが急務となっている。製造トレーサビリティを実現するためには、従来のRDBでは扱うことが難しかった膨大なデータ(過去のデータ、拠点・品目ごとに管理されている個別管理のデータ)かつ、BOMの階層による再帰的なデータを短時間で処理が可能なビッグデータ処理技術が不可欠だ。そこで本資料では、NTTデータイントラマートの「IM-IoTソリューション」と大量データの蓄積・並列分散処理が得意なHadoopの処理技術を活用して、大量データの一元管理・短時間のトレーサビリティ検索を実現する方法を紹介しよう。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●intra-mart IoT Platformとは
●製造トレーサビリティ分析基盤の概要図

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!