開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • 【事例:JR九州】東証一部上場に向けグループ36社のITインフラ統合が必須に…共用のクラウド基盤をどう構築したか

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/10/13

導入事例

ホワイトペーパー
【事例:JR九州】東証一部上場に向けグループ36社のITインフラ統合が必須に…共用のクラウド基盤をどう構築したか
これまで九州旅客鉄道(JR九州)グループでは、各社が独自のITシステムを構築・運用しており、グループ全体でのシステム統制を取ることが困難だった。しかし、東証一部への上場準備を機会としてグループ全社でのITインフラ統合を目指すことになり、「VMware vCloud Suite」と「VMware NSX」を活用したクラウド基盤を構築。マイクロセグメンテーションで安全性を確保しながら、ITリソースの効率化及び迅速化によるコスト削減を実現し、守りのIT から攻めのIT への転換に成功している。
ページ数:2ページ

概要
●グループ企業のIT 基盤を統合してシステム統制へ
●シンプルで運用性に優れたマルチテナント環境を構築
●自動化やDR/BCPなど“攻めのIT”もVMwareに期待

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!