開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/12/26

技術文書

ホワイトペーパー
6割が半年以内に廃業、中堅・中小企業はマルウェア脅威にどう立ち向かうべきか
ある調査によれば、サイバー攻撃の70%以上が中堅・中小企業をターゲットとし、さらに攻撃を受けた企業の約60%が6ヶ月以内に廃業に追い込まれているという。この脅威に対して、セキュリティ専門の管理者を持つ余裕の無い中堅・中小企業はどのように対処すればよいのだろうか?一つの方法として、エンドポイントとネットワークのセンサーによる脅威情報の相関分析により、高確率で脅威を特定でき、脅威に対し迅速かつ効率的なレスポンスが可能なソリューションを解説する。
ページ数:7ページ
内容(一部抜粋)
●中堅・中小企業を標的にするマルウェア脅威の現状
●脅威の進化の現状
●既知、未知、回避型のマルウェア
●脅威スコア判定によるガイド付きレスポンス
●エンタープライズグレードの脅威インテリジェンス

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!