開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/12/19

技術文書

ホワイトペーパー
今さら聞けないコンテナ技術の基本、Dockerの利用方法とその手順
コンテナ技術そのものは決して新しいものではない。実際、コンテナサービスはUNIXのchrootの時代まで遡ることができる。こうした古いコンテナ技術には課題もあったが、それを解決したのが、Dockerによる移植性(ポータビリティ)と管理機能だ。本資料ではこうしたコンテナ市場の変遷と、現在のエンタープライズ IT市場でのコンテナ活用方法などを簡単に説明する。
ページ数:72ページ
内容(一部抜粋)
第1章 コンテナとはなんだろうか?
 ●コンテナの進化
 ●仮想マシン対コンテナ対ベアメタル
第2章 アプリケーションコンテナ化の利点
 ●リソース効率
 ●ワークロードの移植性
 ●非依存型インフラストラクチャー
第3章 コンテナの影響
 ●ITスタッフへの影響
 ●プロセスへの影響
 ●テクノロジーへの影響
 ●ハイパーバイザーを取り替えたい
 ●管理と監視の次元
 ●コンテナの世界の制御とセキュリティ
 ●シームレスなハイブリッド環境:物理、仮想、クラウド
第4章 Dockerコンテナの準備とテスト
 ●コンテナ化されたワークロードの展開オプション
 ●Dockerのリソース要件を練る
第5章 Dockerのインストールと展開
第6章 継続的管理、高度な導入、将来へのヒント
第7章 活躍中のコンテナ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!