開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/04/05

技術文書

ホワイトペーパー
1年間のダウンタイム「25秒未満」 システムが老朽化しても信頼性は低下しない秘密
ヒューレット・パッカード エンタープライズが買収したフラッシュストレージを手掛けるNimbleは、2014年に99.999%を超える実測可用性を実現した。その2年後には、それをさらに上回る99.9999%超(99.999928%)を達成。これは、1年間のダウンタイムが25秒未満であることを意味する。それを可能にしたのが、グローバルに展開されているシステムの数百万個のセンサーを絶えず分析し、問題を予測して回避する「HPE InfoSight」だ。HPE InfoSightにより、システムが老朽化すると信頼性が低下するという常識さえも覆ろうとしている。
ページ数:8ページ
目次
●はじめに
●可用性の測定方法
●InfoSight予測分析によるダウンタイムの回避
●問題回避の基本理念

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!