IT導入検討

会員限定

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

2018年04月05日

1年間のダウンタイム「25秒未満」 システムが老朽化しても信頼性は低下しない秘密

技術文書

ヒューレット・パッカード エンタープライズが買収したフラッシュストレージを手掛けるNimbleは、2014年に99.999%を超える実測可用性を実現した。その2年後には、それをさらに上回る99.9999%超(99.999928%)を達成。これは、1年間のダウンタイムが25秒未満であることを意味する。それを可能にしたのが、グローバルに展開されているシステムの数百万個のセンサーを絶えず分析し、問題を予測して回避する「HPE InfoSight」だ。HPE InfoSightにより、システムが老朽化すると信頼性が低下するという常識さえも覆ろうとしている。

ページ数:8ページ
目次
●はじめに
●可用性の測定方法
●InfoSight予測分析によるダウンタイムの回避
●問題回避の基本理念

この続きは会員限定です