開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アドビ システムズ 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/12

製品資料

ホワイトペーパー
「電子サイン」と「電子署名」の違いを理解して業務プロセスを改革する方法
「文書の署名プロセス」のデジタル化が注目されている。しかし、デジタル化以前に、地域や業界の法規制に準拠しながら、社内に承認プロセスを浸透させることが重要だ。そこで有効なのが、合意や記録の受理を示す電子プロセスとしての「電子サイン」だ。本資料では、企業が電子サイン、電子署名に対応する方法を解説し、「標準規格に基づいた署名」「柔軟性」「総合的なセキュリティコントロール」といった導入メリットも分かりやすく説明する。
ページ数:11ページ
内容
●文書への署名方法を変革
●電子サインと電子署名の違いとは
●電子サイン関連法
●業務プロセスに適したアプローチの選択
●1つのソリューション、複数のオプション
●署名の種類
●デジタル文書の第一人者
●関連リソース

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!