開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

CrowdStrike Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/07

技術文書

ホワイトペーパー
標的型攻撃防衛の最前線から見えた「攻撃者の実態」
標的型攻撃に国境はない。一体、攻撃者は「どのような目的で」「何を標的として」攻撃を仕掛けているのか…。本報告書は、標的型サイバー攻撃に特化したセキュリティソリューションを提供する米CrowdStrikeが、2018年上半期のサイバー脅威の傾向をまとめたものだ。同社は2万5,000件以上の侵入未遂ケースを分析し、その傾向を詳らかにしている。本報告書を読めば、あらゆる業種の企業が標的型攻撃の脅威にさらされていることをイヤでも自覚するはずだ。ぜひ、現実を直視してほしい。
ページ数:20ページ
内容(一部抜粋)
●2018年上半期の侵入傾向は
●中国による脅威の増加
●サイバー犯罪者の関心事は仮想通貨マイニング
●バイオテクノロジー業界への注目が高まる理由
●“洗練”された検知回避法が明らかに…
●シンクタンクをねらった“珍ウイルス”の存在
●多国籍企業をねらう「WICKED PANDA」とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!