開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

クラウディアン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/07

技術文書

ホワイトペーパー
10年間のTCOは47%も違う? オブジェクトストレージとテープ、そのコストを徹底比較!
いまや企業を取り巻くデータは爆発的に増加している。調査会社のIDCによれば、そのサイズは2年で倍増するという。一方、データのバックアップ/アーカイブ用メディアは、依然としてLTOテープが主流だ。しかし、データが爆発的に増加するだけでなく、ビッグデータ解析や機械学習での活用も必要になるこれからの時代、LTOテープでは対応は難しい。そこで期待が高まっているのが「オブジェクトストレージ」だ。しかし不安なのは、そのコストだ。そこで本資料では、オブジェクトストレージとLTOテープのコストをさまざまな角度から徹底比較している。その驚くべき結果とは?
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●メディアストレージのトレンド
●ストレージ技術比較
●増え続けるテープストレージの限界
●オブジェクトストレージの隆盛
●LTOテープストレージ 対Cloudianオブジェクトストレージ
●資本的支出分析
●運用コスト分析
●総所有コストのまとめ
●CASE STUDY
●結論

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!