開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ServiceNow Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/02/21

導入事例

ホワイトペーパー
事例:ケイ・オプティコムがインフラ調達時間を「10分の1」にした手法
関西電力100%子会社として、パーソナルからビジネスまでカバーした各種通信サービスを提供するケイ・オプティコム。同社では、ビジネスニーズに応じたITシステムの変化の即応性を高めることや、ITインフラリソースの準備の効率化が課題だった。そこで採用したのが、「統合アプリケーション基盤」である。この資料では同社のサービス選定の考え方や、「仮想マシンのデプロイを1カ月から2営業日に短縮」「仮想マシンのリソース増強を2週間から1営業日に短縮」といった導入効果が紹介されている。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●システムごとの手作業から脱却
●「インフラ業務自動化」の手応え
●作業のリードタイムを大幅に解消
●「ミッションクリティカル領域」に拡大するために

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!