開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/02/28

製品資料

ホワイトペーパー
運用コストを8割削減、AI主導の“スマート”なストレージがもたらすメリットとは?
モバイルの普及などにより、大量のデータが日々生成され、2025年までには160ゼタバイトものデータが存在するという予測もある。従来型のストレージ環境ではコストの増大や障害の長期化などさまざまな課題が発生しつつあるのだ。そんな中、AI主導の自己管理型手法によって、ストレージ関連の運用コストを8割、クラウドストレージのコストを20分の1まで削減できるソリューションが注目を集めている。場所を問わず、ライフサイクルにわたってデータを管理できるにはどんな方法があるのだろうか。
ページ数:1ページ
目次(一部抜粋)
●データの規模と複雑性がもたらす問題
●あらゆるデータから経済的価値を生むには
●ハイブリッドクラウド環境で絶えず学習
●インテリジェントストレージを使用すると変わること
●AI主導のストレージにより「価値の創出に注力」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!