開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ルーブリック・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/03

製品資料

ホワイトペーパー
複雑化したバックアップシステム、「箱一つ」で一元管理する新手法
現在、クラウドの拡大に伴い企業のデータはオンプレミス、クラウド、エッジなど異なる場所に分散して保存、管理されている。このため、データのバックアップやリカバリー、アーカイブ、検索などの処理は、従来よりも複雑かつ面倒になってきている。一方、過去のアーキテクチャを引きずらず、「箱(アプライアンス)をひとつ」入れれば全体を管理することができるものもある。本資料では、そのアプライアンスの動作の仕組みも含めた技術的な詳細とユーザー事例を解説する。
ページ数:21ページ
内容(一部抜粋)
●なぜ「クラウドデータマネージメント」が必要か?
●ソフトウェア定義型のストレージを支える原則
●包括的な「プラットフォーム連携」が必要なワケ
●クラウドのデータをどのように運用するか
●APIで運用がここまで自動化できる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!