開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/12

製品資料

ホワイトペーパー
ストレージを100%使い切るには? 本業に集中するための運用支援サービスの中身
IoT、ビッグデータ時代には高性能・大容量・低価格なストレージ製品が必要だ。しかしせっかく最適なストレージを導入してもなかなか「100%」使い切ることはできない。そこで、「運用支援サービス」という選択肢がある。ストレージ性能レポート作成などの定例報告、新規ボリューム作成やボリュームサイズ変更などの定常業務、障害受付やエスカレーションなどのインシデント対応などを支援するサービスだ。煩雑な管理業務から解放するサービスを詳説する。
ページ数:1ページ
内容(一部抜粋)
●どんな支援が可能なのか
・定例報告
・定常業務
・インシデント対応
・カスタマイズ可能な要件
●実際のケーススタディを紹介
・ストレージ管理はアウトソースにできる
・管理もストレージもアウトソース可能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!