開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

NEC,日本オラクル提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/10/04

製品資料

ホワイトペーパー
既存ビジネスもデジタル変革もこれ1つ、オープンソースDB「MySQL」を再発見
「データは21世紀の石油」と言われるようになった現在、爆発的に増大しているのが、文書や画像などの非構造化データだ。これらのデータを扱うために登場したNoSQLデータベースは、一方で長年にわたりノウハウが蓄積されたRDBMSのSQLを用いた構造化データ分析処理やトランザクションなどによる信頼性確保が不得手だ。このため、NoSQLとRDBMSの2つのシステムを用意するケースも増えている。この場合には、NoSQLからRDBMSへデータ転送を手作業などで行うといった運用が複雑になる課題がある。この課題を解決できるのが、オープンソースデータベースのMySQLだ。MySQL 8.0から、NoSQLとしてもRDBMSとしても利用できるようになったのである。その特徴と活用方法を紹介する。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●非構造化データを扱うDBの課題
●1つで「JSONドキュメント(非構造化データ)もテーブルも」扱えるMySQL
●アプリケーションからのデータアクセス方法(概要)
●[参考]著名なNoSQLからのexportデータインポート方法、SQLを用いたJSONドキュメントアクセス方法
●MySQLの技術相談セット商品のメリット

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!