開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ワークスモバイルジャパン株式会社、ソフトバンク株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/12/04

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】浜松市が構築した災害時における医療機関とのタイムリーな情報連携体制とは
浜松市は現在、南海トラフ地震による津波対策に取り組んでおり、とりわけ医療救護体制の見直しを積極的に行っている。災害時には医療機関との情報連携が非常に重要となるが、電話や無線などの通信手段では、情報伝達が不十分との課題が生じていた。そこで浜松市は、医療機関も含めた新たなネットワークを構築した。本資料では、浜松市がどのような情報ネットワークを構築し、2018年の西日本豪雨の際にはいかに活用していったか説明する。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●災害時の情報連携について
●ネットワーク構築を検討した理由
●システム導入後の活用シーン
●どのような変化が生じたか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!