開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/01/20

技術文書

ホワイトペーパー
ビッグデータをストレージからコンピューティングに活用するアーキテクチャとは
ビッグデータを使用するセキュリティソリューションは多数あるが、ほとんどがデータを保存するのみにとどまり、十分に活用しているとは言えない。サイバーセキュリティを分析するAIは、ビッグデータテクノロジーによって構成されたアーキテクチャと、4つの段階を経て脅威を検出する数学的アルゴリズムが必要である。本書では、高速で正確に脅威を検出するアーキテクチャについて詳細に説明する。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●脅威検出プラットフォーム
●4つの段階
●断片化されたセキュリティエコシステムの統合

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!