開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/01/31

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】なぜJR東日本の情報システム運用は「安全」かつ「スピーディ」なのか
JR東日本グループのシステム開発・運用を一手に引き受けるJR東日本情報システム(JEIS)では、生産性の向上、インフラ提供スピードの向上に取り組んでいる。従来のシステム基盤は3ティア構成を採用しており、安定性に優れているがシステムごとにサイジングやバックアップなどが必要となり、機器調達にも時間がかかるため、ユーザーが求める提供スピードへの対応が困難になりつつあった。本書では、SLAごとの最適化を図るという考え方は維持しつつ、ミッドレンジクラスの仮想統合を推進した同社のHCI(ハイパーコンバージドインフラ)採用の経緯を紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●ICT活用の課題
●新システム選定の要件
●構築作業と運用負荷の削減

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!