開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/04

導入事例

ホワイトペーパー
【事例:物流】AIにより出荷量予測を自動化、予測精度も87%へと大幅改善
大手ファッション・メーカーやファッション・ブランドを中心に流通加工も含めたアパレル・通販の物流サービスを手掛けるセンコーファッション物流は、昨今の働き手不足の影響もあり、倉庫で物流作業を担う人員手配に苦慮していた。各倉庫では実務担当者が出荷量の予測を立て、それに基づき作業人員の手配を協力会社に依頼しているが予測が大きく外れ、追加手配することもあった。また、専門的な知識を要する解析ツールによる出荷量予測では、担当者の負担が増加していた。そこで同社はAIによる予測の自動化に着目。AIシステムを導入したことで、これまで6~7割だった予測精度を約87%まで向上させた。同社の取り組みを紹介する。
ページ数:4ページ
目次(一部抜粋)
●作業人員手配の負荷が課題に
●求めたのは専門的知識を必要としない操作性
●導入後の効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!