開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

NTTテクノクロス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/09

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】ヤマハ発動機は、クラウド化したサーバの「特権ID管理」をどう刷新したか?
二輪車やボート・船外機、産業用ロボットなど、多様な事業を展開するヤマハ発動機。同社ではBCP対策をきっかけにクラウドの利用が増える中で、特権ID管理を始めとするITインフラ統制をどのように継続していくかが課題だった。今後も進化していくITシステムのデザインを阻害しないために、同社が選んだ特権ID管理ソリューションとは?
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●BCP対策で進むクラウド化、「必ずそこを経由する」ゲートウェイ型では限界に
●進化するITシステムデザインを邪魔しない拡張性や柔軟性が決め手に
●ガバナンス強化に加え、運用の負荷軽減、セキュリティの向上も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!