開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ユニアデックス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/10

技術文書

ホワイトペーパー
オンプレなのに従量課金? DX時代に求められる「ITインフラの理想型」とは
昨今、自社システムをクラウドへ移行する企業が増加している。しかし、クラウドの運用には思わぬ“落とし穴”もある。特に多いのがコストの問題だ。「クラウド環境でスケールしたらコストが跳ね上がった」という声は多い。そこで注目を集めているのが従量制のオンプレミスサービスである。本資料は、北米における8つの主要な業界の経営幹部および技術者167名を対象に、クラウドとストレージについて調査した結果をまとめたものだ。そこから明らかになったストレージ戦略の課題や、ストレージ機器の事前購入から従量制課金にシフトしていく理由を紹介する。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドとストレージに関する業界全体の動向と主要なタッチポイントを調査
●クラウド戦略・ストレージ戦略の現状と将来について
●従量制オンプレミスの評価が進んでいる理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!