開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ユニアデックス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/10

導入事例

ホワイトペーパー
パナソニックISがVDI環境を「従量課金制オンプレミス」で構築した理由とは?
パナソニックインフォメーションシステムズは、パナソニックグループのITシステム運用だけなく、独立したSIerとしても活躍している。同社はユーザー数約500名のVDI(デスクトップの仮想化)環境を構築する際、留意したのが高い品質とシンプルな運用管理性、そして固定費化していたIT投資コストの平準化だ。そして白羽の矢を立てたのが、利用者の増減にも柔軟に対応できるVDIサービス基盤と、オンプレミス型従量課金サービスである。その効果はいかなるものなのか、ぜひ本書を参考にしてほしい。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●VDIサービス基盤を構築した経緯
●初期投資コスト抑止とIT投資平準化のテーマを両立
●従量課金制によって得られた効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!