開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

デル・テクノロジーズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/05/26

技術文書

ホワイトペーパー
理想的なサーバ更新サイクルは「3年」、旧式サーバを使い続けるデメリットとは?
企業がビジネスで成長するためには、最新のITインフラを整備することが必要不可欠だ。旧式サーバを使い続けると、パフォーマンスの低下やセキュリティリスクの懸念などがビジネスを阻害する要因にもなり得る。しかし、米国の調査会社フォレスターが世界7カ国、従業員100~499人の企業508社のITインフラ意思決定者を対象に調査したところ、41%が3年以上経過した旧式サーバを保持しているという状況だった。最新サーバへのリプレースによって得られるメリットとは何か? 本書では、3年ごとにサーバ更新を実施した際に得られる技術的・ビジネス的メリットを紹介する。
ページ数:10ページ
内容
●旧式のインフラによりビジネス面で阻害されるもの
●最新のサーバーが、ビジネスのイノベーションを促進
●ITインフラで押さえておくべきポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!