開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

デル・テクノロジーズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/17

技術文書

ホワイトペーパー
ミッションクリティカルなワークロードを実行するのはオンプレ?それともクラウド?
ハイブリッドクラウド導入が世界規模で進んでいる。同時にハイブリッド運用の課題も見えてきた。その1つが「管理面の複雑性」だ。ITの分析、研究、検証、戦略立案を行う米国の調査会社ESG (Enterprise Strategy Group)が日本を除く海外11カ国の公的機関と民間企業のIT意思決定者1257人へアンケート調査を実施したところ、「一貫したクラウド管理を達成した」と回答したクラウドリーダーは、わずか5%だったという。そのクラウドリーダー企業に、最もミッションクリティカルなワークロードを尋ね、それを実行しているために選択している場所を尋ねた。データウェアハウス、バックアップ環境、ETL、分析ワークロードそれぞれのオンプレとクラウドの割合はどうなっているのか。ハイブリッドクラウドを成功させるには何が必要なのか。本レポートを基に考えてほしい。
ページ数:18ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドの普及とその本質的な課題
●クラウドリーダー企業のミッションクリティカルワークロード配置のベストプラクティス
●クラウドの複雑さによって生じるジレンマと解決方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!