開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/20

技術文書

ホワイトペーパー
未知のマルウェア・ランサムウェアはWindowsの「異常」から検出せよ
データを勝手に暗号化して「元に戻したければ金を払え」と脅すのが「ランサムウェア」による攻撃だ。新型コロナウイルス対策として、セキュリティ対策が不十分なままリモートワークを実施した結果、こうした危険なマルウェアに感染するケースが増えている。加えてサイバー脅威は日々、複雑化しており、従来型のシグネチャベースでマルウェアを検出する方法は、対処が困難になっている。大規模な投資を必要としない、費用対効果の高いセキュリティ対策はないのだろうか? 本資料では、Windowsのシステムから収集される情報を分析して、機械学習や統計的な手法を使ってマルウェアを検出する方法を解説する。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●マルウェア検出の課題
●Windowsアクティビティイベントを収集
●異常の検索と分析アプローチ
●具体的な検出方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!