開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ブラックベリー・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/24

技術文書

ホワイトペーパー
2020年のサイバー脅威レポート、ディープフェイクやMDMへの攻撃にどう対抗すべきか?
2019年のサイバー脅威は、APT攻撃が流行し、攻撃者が常に最新のマルウェアをリリースするとともに「巧妙に隠蔽された」脅威に晒されていた。また、マネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)が攻撃対象となることで、その顧客にも影響が及ぶといった被害も出た。さらには、自動車やアプライアンスなどのIoTが標的となったほか、ディープフェイクテクノロジーを用いたフェイク音声による承認を使用した詐欺や、モバイルデバイス管理(MDM)サーバを標的とした攻撃なども登場した。本書は、こうした重大なサイバー脅威を改めて検証するとともに、2020年のセキュリティ対策のあり方を解説する。
ページ数:42ページ
内容(一部抜粋)
●2019年のサイバー脅威
●攻撃者にとって標的が魅力的である理由
●特筆すべきデータ侵害
●全てのモノがつながったエンタープライズを保護
●2020年の注目トレンドと展望

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!