開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

arcserve Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/31

技術文書

ホワイトペーパー
1時間で1千万円の損失? ダウンタイムを克服し、DR対策最適化を実現する方法
ある調査では、1時間のダウンタイムによって企業は約1千万円以上の損失を被るとも言われている。このようなリスクから企業を守るためには適切なDR(災害復旧)の策定が必要だ。従来、データ保護の2つの主要な指標である「RTO(目標復旧時間)」と「RPO(目標復旧時点)」のうち、コスト上の理由などでRTOがより重視されてきた。しかし、複雑化するIT環境においてはRPOの見直しが必要となっている。以下の資料では、データ保護に対する典型的な7つの質問を踏まえながら、ビジネスにおける災害を防止する3つのアプローチを提案する。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●ダウンタイムでかかるコスト
●RPO厳格化が後回しにされてきた理由
●ダウンタイム発生による損害7例
●IT災害防止3つのステップ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!