開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マカフィー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/15

技術文書

ホワイトペーパー
米調査アナリスト:エンドポイント保護戦略、見直すための5つのポイント
モバイルやIoTなど、さまざまな種類のデバイスが増加するとともに、それらを標的としたサイバー攻撃も広がりを見せている。悪質化の一途を辿るサイバー攻撃に対し、従来型のウイルス対策では不十分だ。米国の調査企業ESGのアナリストであるJon Oltsik氏によれば、2018年の最初の6か月で報告されたAndroidとiOSのセキュリティの欠陥は400にのぼるという。そのため、Oltsik氏はエンドポイントセキュリティには高度な保護技術、管理機能、高度な検出/対応ツールの統合が必要だと主張する。本書は、多様なデバイスに対応するエンドポイント保護戦略をどのように策定すべきか、5つのポイントにまとめて説明する。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●5つのポイントでセキュリティ戦略を見直す
1.セキュリティツールの数が多ければ良い、というわけではない
2.1種類の対策だけでは不十分
3.すべてのデバイスが同等ではない
4.複数の管理コンソールはいらない
5.モバイルデバイスが最も脆弱な存在

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!