開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マカフィー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/15

技術文書

ホワイトペーパー
3000万人調査:クラウドユーザーから分析、重要データの分散リスクとその対策
企業が収集したデータは自社ストレージに保管されるのみならず、クラウドやさまざまなデバイスにも蓄積されるようになり、データ保護の範囲も拡大してきた。多くの企業では、デバイス、ネットワーク、クラウドを管理するため、ツギハギの対策で対応するも、データの「可視性」という点では大きな課題を抱えているのではないだろうか。このギャップを埋めるため、企業はデータのある場所を常に把握するとともに、クラウドの急速な採用により変化するリスクについて、理解を深める必要がある。本書は、11カ国1000社の企業を対象に行った調査結果と3000万のクラウドユーザーから匿名で収集したイベントの分析結果を評価して得られた、データ分散の現状と、どのようなセキュリティ対策が必要か説明する。
ページ数:17ページ
内容(一部抜粋)
●重要な調査結果
●データ分散の影響
●クラウドの間を移動
●個人のデバイスがブラックホール
●シャドウITとWebの拡大
●データ保護の今後

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!