開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/07

技術文書

ホワイトペーパー
脆弱性対策の効率化を実現、「エクスプロイト」開発傾向から分かる最新の脅威動向
OSやソフトウェアなどの脆弱性を悪用して攻撃を加える不正なプログラムである「エクスプロイト」。サイバー攻撃者の多くが、脆弱性を悪用するコードを開発した後、それをテストして想定通りに機能するか、検出回避可能かなどを評価しているという。以下の資料は、攻撃者がエクスプロイトをどのようにテストしているかを追跡した調査結果をまとめている。それによると、標的とされる脆弱性の傾向を理解することは、自組織のセキュリティ対策をより効率的に進めることにつながるという。ぜひこの知見を、多くのセキュリティ担当者に活用してもらいたい。
ページ数:7ページ
内容(一部抜粋)
●脅威アクターの動向
●脆弱性がエクスプロイトの標的とされる基準
●エクスプロイトテストの調査
●今後の展望

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!