開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/07

技術文書

ホワイトペーパー
世界中の脅威情報を収集、可視化する「セキュリティインテリジェンスグラフ」の効果的な活用方法
インターネットの登場を契機に大きく様変わりしたサイバー攻撃が世界中で猛威を振るう中、インターネット上でやり取りされる膨大な数や種類のセキュリティ脅威に関する情報を収集、蓄積、分析する仕組みとして「セキュリティインテリジェンス」に注目が集まっている。これにより、多くのセキュリティ担当者は自組織のセキュリティ対策の強化に役立てることが可能になる。以下の資料では、その中でもインターネットから入手可能なセキュリティ情報すべてをモデル化した「セキュリティインテリジェンスグラフ」を紹介。その特徴や構成要素を解説するとともに、具体的な利用シーンなどを示している。
ページ数:14ページ
内容(一部抜粋)
●セキュリティインテリジェンスグラフとは
●どのように活用されているか
●APIとの連携
●今後の発展

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!