開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ダークトレース・ジャパン株式会社(Darktrace Limited)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/29

導入事例

ホワイトペーパー
送受信者の生活パターンから脅威を検知する、Eメールの「免疫システム」活用事例
ガートナー VP アナリストのピーター・ファーストブルック氏によれば、「これまで以上に、現代のEメールセキュリティには変化する脅威環境に対抗するためのイノベーションとマインドセットの転換が必要とされています」という。こうしたサイバー脅威の巧妙化から、近年では「ゼロトラスト」セキュリティの考えが広がってきた。しかし、人間が主体の媒体であるEメールへの信頼性は依然として高く、標的型Eメール攻撃の侵入を許しているケースも少なくない。そのため、人間の誤りやすさの影響を最小化すべく、テクノロジーを利用して悪意あるEメールを識別していく考えが広まっている。そこで有効的な対策が、自己学習型アプローチにより、送受信者の「生活パターン」をAIが常時学習し、多次元の文脈と照らし合わせることで、そのメールが純粋な脅威であるかどうかを確認するセキュリティ・アプローチだ。本書は、4つの高度に洗練された、標的型Eメール攻撃の事例を交え、AIによるセキュリティ対策について説明する。
ページ数:24ページ
内容(一部抜粋)
●標的型Eメール攻撃の現況
●AIがもたらすマインドセットの転換
●サイバー脅威の事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!