開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マカフィー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/25

技術文書

ホワイトペーパー
クラウドへの脅威は630%増! ようやく明らかになったコロナ禍とサイバー脅威の関係
新型コロナウイルス対策として世界中の企業が在宅勤務を進め、クラウドの活用が広がった。その結果、セキュリティへの懸念も高まった。セキュリティ機器で守られた社内ネットワークから離れ、自宅のWi-Fi環境からクラウドに直接アクセスするユーザーやデバイスが増えたからだ。ただし、それによって具体的にどれくらい脅威が高まっているかは、なかなか分からなかった。本資料は、その実態をグローバルで調査したレポートだ。世界中の3000万を超えるユーザーの環境を解析し、脅威の実態を数値で報告している。それによると、クラウドサービスを標的とした外部攻撃者からの脅威は630%増加しているという。コロナ後のセキュリティ対策を考えるうえで参考になる貴重なデータが多数掲載されているので、ぜひ目を通しておきたい。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドサービス利用の全般的な増加
●最も増加したコラボレーションサービスの利用
●非管理デバイスでの企業のクラウド利用が倍増
●攻撃者はクラウドを標的に
●業界別クラウド脅威
●推奨される対策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!