開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マカフィー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/25

技術文書

ホワイトペーパー
若手アナリストは30%しか正しくない? EDR製品の課題と「誘導型」の必要性
EDR(Endpoint Detection and Response)製品は、PCやスマートフォンなどのエンドポイントの脅威を検出し、必要な対応をとるセキュリティ製品である。侵入を防ぐアンチウイルス製品と侵入を前提に脅威を検出するEDR製品を組み合わせることが、エンドポイントのセキュリティ対策と基本となっている。ただし、EDR製品には課題も指摘されている。それが、脅威の優先付けを人間が判断しなければならないことだ。正しい判断をするには、十分なスキル・経験を必要とする。このため、若手アナリストはEDRが出すアラートの30%しか優先付けができないという。そこで注目されているのが「誘導型EDR」だ。これは、検出された脅威の優先付けを支援し、アナリストの負担を軽減する機能を持つEDRのことだ。本資料では、EDR製品を利用している企業のセキュリティ責任者258名に調査を実施し、現在のEDR製品の課題と「誘導型EDR」の必要性を明らかにしている。
ページ数:9ページ
内容(一部抜粋)
●EDRはアナリストの疲労を軽減するように進化する必要がある
●企業は効率を向上させつつ検出を改善する方法を探し求めている
●EDRアラートは騒々しく複雑
●EDRアラートの優先付けには時間がかかりすぎる
●誘導型調査が役に立つ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!