開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/25

技術文書

ホワイトペーパー
今からでも間に合うグーグル「BigQuery」再入門、どんな機能? どんなメリット?
「データドリブン経営」という言葉が広く浸透するなど、データ分析とその有効活用は、企業の競争力を高める重要な位置づけを占めている。「大量のデータを分析したい」、「複数の担当者で分担して分析したい」というニーズが増える一方、従来型のデータ分析基盤ではデータ増に対する処理性能不足やAIや機械学習などの最新技術への対応、構築・運用コストなどがかかるなどの課題が浮き彫りとなっている。そこであらためて注目が集まっているのが、誕生から10周年を迎えたクラウド型データウェアハウス「BigQuery」だ。BigQueryとは、どんな機能を備え、どんな活用メリットがあるのか? 以下の資料では、BigQueryの基本的なアーキテクチャや機能、活用メリットなどを分かりやすく解説する。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●BigQueryとは何か?
●既存の従来のデータウェアハウスとの違い
●BigQueryのアーキテクチャと最新機能を解説

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!