開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

データブリックス・ジャパン株式会社、日本マイクロソフト株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/14

導入事例

ホワイトペーパー
ユニ・チャーム、伊藤忠食品が実践、「リアル店舗」の価値を高めるデータ分析施策
かつて、リテール業界におけるマーケティングの最も重要な情報源はPOSデータであり、「商品」を切り口にした分析が主流だった。しかし近年は、商品ではなく「顧客」を軸にした分析が注目されており、顧客の年齢層や購入履歴など、販売データと個人を紐付けたID-POSデータの分析・活用が不可欠となってきた。それとともに複雑化した分析手法に取り組んでいるのが、リテールAI研究会だ。生活消費財を全世界で販売するユニ・チャームや、創業120年の酒類・食品の総合卸である伊藤忠食品は発足時からの会員企業で、マーケティング強化に注力する両企業に対し、同研究会はAIによるビッグデータ解析を落としこむべく、「初心者に渡してもすぐに使いこなせる」というツールを導入した。それにより伊藤忠食品は「協調フィルタリング」による地域別棚割の検証、ユニ・チャームは「クラスタリング」による商品の絞り込みが実施可能となり、実店舗に変革をもたらしつつあるという。本書は、その詳細な経緯やデータ活用方法などについて説明する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●リテール業界で複雑化するデータ分析
●初心者でもすぐに扱えるデータ分析サービス
●伊藤忠食品が実施する協調フィルタリング
●ユニ・チャームが実施するクラスタリング
●実店舗にどのような変革を訪れるか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!